美容と骨格

老人と会話しながら足を療術中

現代人に多い病気の一つにうつ病があります。
脳の中には様々な神経伝達物質が存在しており、私達が生活していく上で様々な指令を出しています。
しかし、ストレスが強すぎたりすると神経伝達物質の量が減ってしまうことがあります。
特にうつ病の場合は、セロトニンやドーパミンなどの物質が足りなくなることで、気分が落ち込んだり眠れないなどの症状が出ると言われています。
また、人によっては頭痛や肩こりなどの症状を訴える人もいますが、これらの身体的症状は、身体全体の血流が悪くなっていることが原因になっていることがあります。
整体では筋肉をほぐしたり骨格を矯正する療術を行っているので、これらの療術を受けることにより血流が改善し、うつ病の症状を改善することも可能です。

うつ病とよく似た症状としては自律神経失調症があります。
うつ病が脳の病気であるのに対し、自律神経失調症は神経のバランスが崩れることによって起こる症状です。
自律神経が乱れると頭痛やめまいなどの身体的症状の他、眠れなくなったり体がだるくてやる気が起きないなどといったうつ病に似た症状が表れることもあります。
うつ病と自律神経失調症では病気を発症する根本的な原因は異なりますが、どちらも共通して多く見られるのは、血流の悪さが体の不調として現れているという点です。
病院では主に薬物療法が中心となりますが、血流を改善するためには凝り固まった筋肉をほぐし骨格を矯正することも大事です。
なかなか症状が改善されない場合は、整体の療術を受けてみると改善される可能性もあります。